ごあいさつ

理事長からのメッセージ

神戸福生会をご存知ですか。

神戸福生会は1951年の法人設立以来60余年にわたり、老人福祉の在り方について多くを学び、切磋琢磨しながら高齢者介護という「人を思い、尊重する」事業を進めてまいりました。

戦後の混乱期の創設当初は生活に困窮する高齢者を支え、高度成長期にはより安定した老後生活を供給したいという思いから、福祉の制度自体の在り方にも意義警鐘を唱え交渉、改定の実現を得ることもできました。

核家族化、家族観や個人の生活に対する価値観の多様化などにより、ご家族だけで介護するということが困難な状況となることが多くなる昨今。神戸福生会では、さまざまな環境の変化を踏まえて、これまでにも神戸市内の西区、長田区、兵庫区で特別養護老人ホームや介護型ケアハウス、ショートステイやホームヘルプサービス、居宅介護支援事業などの事業を先駆的に展開してまいりました。

そして、常に高齢者のための福祉の最前線に立ち、介護のありかたに真摯に向き合うことを続けてきた結果として現在、介護有料老人ホーム「グランドビュー甲南」を運営するまでに至りました。

~60余年の事業展開の中から得た、高齢者福祉に対する確固した基本理念~
利用者、家族のニーズの把握に努め、自己決定・自立支援を基本とする。
利用者本位のサービス提供を基本とする。
利用者、家族の生活の全体像把握に努め、 その中でわれわれの提供するサービスの担う役割と有効性を常に検証する。
利用者の生活の個別性を尊重し、個別処遇を基本とする。

これまで積み重ねてきたのは、単に介護の経験・実績というものではなく高齢者の介護が必要な方への、役に立ちたいという「心」と、現場から感じる福祉の「精神」、現場から教わる何をするべきかという「学び」でした。

その実体験を通じて、これから福祉に携わる人たちへこの想いを伝承していくことも、使命だと痛感しております。その上で、神戸福生会の基本理念実現のために、これからも高齢者福祉という事業に邁進してまいります。

社会福祉法人神戸福生会 理事長 大和田 理紗

神戸福生会について
ごあいさつ
神戸福生会について

施設見学をご希望の方 お早めにご予約ください。

かんたん問い合わせ

見学希望・資料請求

社会福祉法人 神戸副生会 オフィシャルサイト

社会福祉法人 神戸副生会 採用案内サイト

ページの先頭へ